子育て中に出来るダイエットとは

母乳ダイエットと食事の関係

母乳ダイエットでスマートに

母乳ダイエットって、産後ダイエットに効果があるとよく言われますよね。実際に、管理人も妊娠中に増えてしまった体重を母乳ダイエットで元に戻した一人です。

もともとは52キロだった体重ですが、妊娠中には、まさの63キロに!医師からは体重制限の指導を受けたのだけれど、とても食欲が出てしまって、結局過去最高の体重を記録してしまったんです。

出産とともに、体重はストンと落ちると思っていたんですが、実際は落ちたのって、赤ちゃんと胎盤なんかで、約5キロくらい。残りの7キロは、残念ながら、無駄な脂肪として残っちゃったんですよね。

そこで、ママ友から聞いたのが母乳ダイエット!赤ちゃんにたくさん母乳をあげてダイエットしちゃおうというダイエット方法です。

母乳は、栄養のあるものを食べると、しっかり出るのだけれど、ダイエットのために、基本は和食とりわけ根菜類を中心に食べていました。すると、驚くことに、スルスルと体重が落ちてきました。やっぱり、母乳ダイエットは効果があるんだと思いました。

ただ、子どもが大きくなるにつれて、母乳の出る量も少なくなってきたのか、体重があまり落ちなくなってきました。

そこで、ダイエットを兼ねて、ベビーカーでの散歩を日課にしてみたんです。公園や買い物に行くのに毎日2時間ほど外出していました。その運動の買いもあってか、なんと昔のようなくびれが出てきたんです。

子どもは外に出れて喜ぶし、私はダイエットができるし、まさに一石二鳥!
気が付けば、体重もどんどんと落ちて、50キロにまで減っていました。

■食事の内容には気を付けて
母乳ダイエットの基本となる母乳の分泌ですが、たくさんの量を出すには、栄養をしっかりと取る必要がありますよね。私は揚げ物が好きなので、揚げ物を食べて栄養を摂ってさらに痩せれるなんて、なんて楽なダイエットだろうと思いましたが、実際にはこういう油ものはNGなんです。

というのも、脂分は、母乳の粘り気を高めてしまうし、乳腺内で詰まりやすく腐りやすくなります。

だから、味も悪くなって赤ちゃんの飲みが悪くなります。飲まなくなると、母乳も作られなくなるという悪循環が起こってしまうんですね。

そこで、決め手となるのが、昔ながらの和食です。根菜類やご飯などを食べることで、自然な栄養素を体に取り入れることができます。おまけに、低カロリーだから、ダイエットをしている人にはぴったり!しっかりとダイエット効果を出すことができるんですよ。

■骨盤ダイエットもおすすめです
ちなみに、産後ダイエットで効果を出したいのなら、母乳ダイエットとともに骨盤ダイエットもおすすめです。

出産時って、赤ちゃんが出てきやすいように産道を広げる為、骨盤が緩むんですよね。出産後は、だんだんと骨盤が閉じていくのですが、その時、変な形に歪みを生じやすくなります。

試しに、鏡の前に立ってみてください。左の骨盤と右の骨盤の高さが異なっていませんか?これこそが骨盤がゆがんでいる証拠なんです。

これを放置しておくと、このゆがみの部分に脂肪がついてしまって、余計に痩せにくくなります。そのため、骨盤ダイエットをするならなるべく早く、産後の骨盤が緩んで元の形に戻しやすい時の方がおすすめです。

骨盤ダイエットのやり方ですが、あおむけになって、両ひざを立てます。この時、かかとお尻もくっつけておきましょう。そして、足を広げて両ひざを離します。そのまま、右ひざ、左ひざと順番に床に倒します。これを30セット行います。

管理人は、この運動を朝と夜の二回行っていました。骨盤ダイエットを1回するだけで、ヒップがなんと3センチも減ったんです。いかに自分がゆがんでいるのかを身をもって知りました。

母乳ダイエットも骨盤ダイエットも、毎日継続して行うことが、スムーズに痩せる秘訣と言えますね。

サイトマップ


© Copyright 母乳を沢山出せば痩せる理由とは. All rights reserved.